病名の解説

ドライアイ

涙の量や質が低下すると、特にコンタクトレンズ装用やパソコン作業、読書などに支障をきたします。

最近は患者さん自身が、「ドライアイです」といって来院することも多くあります。しかし実際は、疲れ目であることも少なくありません。

ドライアイの治療

目薬をつけることですが、重症の場合は涙点(下まぶたをめくると鼻よりに見える小さな穴)にふた(涙点プラグ)をすることもあります。

涙点プラグについて

涙点プラグは保険適応されており、費用は片眼約3,000円です。目薬だけの麻酔で行い、痛みはありません。

PageTop