病名の解説

飛蚊症(ひぶんしょう)

c0114027_12163240

重要度・緊急性

特に急激に出現した場合は重要
緊急性高い

症状

黒いもの(上の図のような)が動いて見える。

どんな状態

目の中の硝子体(下図参照)に濁りが生じ、網膜に影が映っている状態。

原因

正常な加齢現象だが、まれに網膜剥離、眼底出血
などの目の病気の場合がある。

治療

飛蚊症自体は治療の必要はない。
しかし、網膜に異常がある場合は治療が必要。

検査の必要性

何年も前から変わりない場合には検査の必要はない。
しかし、急に見えるようになった場合は眼底検査が必要

この場合は、目薬で瞳孔を開けて検査するため、検査後3~4時間の間ぼやけた状態になるため、注意が必要

PageTop