病名の解説

老眼

誰でも、40台半ばから「老眼」を感じるようになります。
「老眼」といういかにも「年寄になった」ような印象がありますが、現在より平均寿命が短かった時代の言葉なので、現代では「中年視」とでも呼んだ方が適切かもしれません。

老眼の原因

老眼は、「調節力」の低下により起こります。

【ものが見える仕組み】

c0114027_12292949
ものをはっきり見るためには、「水晶体」というレンズを動かして(このとき働く力を「調節力」といいます)、「網膜」に像を結ぶ必要があります。
水晶体を動かす筋肉の力が低下するために老眼になります。

老眼になったら

それまでメガネを使っていた人もそうでない人も、新しい方法が必要になります。

もともとメガネをかけていなかった人の場合

1.近くを見るときだけ老眼鏡を使う。
2.遠近両用のメガネをかける。

もともと近視でメガネの人

1.近くはメガネを外して見る。
2.メガネの度数を弱くする。
3.遠近両用のメガネにする、または2種類のメガネを使い分ける。

もともと近視でコンタクトの人

1.コンタクトの度数を弱くする。
2.コンタクトの上から老眼鏡をかける。
3.遠近両用のコンタクトにする。
4.コンタクトはやめて、メガネにする。

老眼は、メガネをかけたから早く進むということはなく、進む量は誰でも一定です。必要に応じてメガネを使ったほうが楽です。

PageTop