病名の解説

な・は行

飛蚊症(ひぶんしょう)

2016.07.29

重要度・緊急性特に急激に出現した場合は重要緊急性高い症状黒いもの(上の図のような)が動いて見える。どんな状態目の中の硝子体(下図参照)に濁りが生じ、網膜に影が映っている状態。原因正常な加齢現象だが、まれに網膜剥離、眼底出血などの目の病気の場合がある。治療飛蚊症自体は治療の必要はない。しかし、網膜に異常がある場合は治療が...

ぶどう膜炎

2016.07.29

虹彩(茶目)、毛様体、脈絡膜という目の内部の炎症です。さまざまな原因がありますが、重症の場合失明することもあります。目の前のほうだけの炎症を「虹彩炎」といます。

フリクテン

2016.07.29

フリクテンアレルギーの一種で、結膜(しろめ)の一部に傷ができ、その周りが充血する状態です。時々、角膜(くろめ)にもできる場合もあります。比較的よく見られ、特に若い女性や子供に多く起こります。目薬をつけると数日~1週間で治りますが、しばしば再発します。瞼裂斑角膜の近くの結膜に見られる白または黄色の隆起です。これは目の老廃...

片側顔面神経けいれん

2016.07.29

「眼瞼けいれん」とは? 眼瞼(がんけん)けいれんは、本人の意思に反しまぶたがピクピク動き、目が開きにくくなり、重症の場合はほとんど眼を閉じたままになってしまう病気です。最近ではやや認知されてきましたが、まだまだ眼科でも診断されにくい病気です。明らかな原因は不明ですが、何らかのストレスが考えられます。また、目の病気が原因...

ポスナー・シュロスマン症候群

2016.07.29

どんな病気?発作的な目の炎症により、眼圧が高度に上昇する病気。炎症は不定期に、再発する。比較的、症状が出やすいため、緑内障になることは少ない。原因炎症の原因は不明。比較的、若い人に起こる。症状目のかすみや軽度の視力低下治療薬物療法によく反応し、眼圧は数日で下降する。非発作時には治療の必要はない。日常の注意何か異常を感じ...

PageTop