病名の解説

流行性角結膜炎(=はやり目)

重要度

他人にうつりやすいので重要。

どんな病気

結膜(白目)ウイルスが感染した状態。
直接効く薬がなく、人にうつりやすいのが特徴。
学校は休むことが義務付けられている。

症状

片目の充血、めやにが、最初は比較的軽い。
次第に悪化し、2~3日後にもう片方の目にうつる。
治るのには1~2週間かかる。
目の症状以外にも、耳の手前のリンパ腺が腫れることがある。

治療

はやり目には直接効く薬がない。
しかし、目薬で症状をある程度軽くすることができる。

また、治った後に角膜(黒目)に濁りができ、視力が落ちることがある。

感染予防

空気感染はしない。
感染源はめやにや涙がついた手や指。
目に触った場合にはよく手を洗う。
タオルは人と別にする、入浴は最後にする。

PageTop